“駅の子”の闘い ~語り始めた戦争孤児~

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

駅の子の闘い 語り始めた戦争孤児は、親を空襲で亡くしたり、親と離れ離れになったりして生まれた戦争孤児、その数は12万人にも及ぶ。 この3年間、孤児への聞き取りや、資料発掘を進めてきた。その結果、生々しい悲劇の実態が見えてきた。

20180812154931

駅の子の闘い 語り始めた戦争孤児 番組内容

 

 

孤児が駅で寝泊まりする姿は全国で目撃され「駅の子」とも呼ばれたが、子どもたちに何があったのか、その実態はよくわかっていない。

食べるものがなく、目の前で子どもたちが餓死していく日常、生きるために盗みや売春をせざるをえない子どももいた。

重い口を開き始めた孤児たちが訴えるのが、国や大人たちから「見捨てられた」という思いだ。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

「戦争が終わってから本当の闘いが始まった」

「汚い」とさげずまれ、やさしい言葉をかけてくれる大人はいなかった。進学や就職してからも差別や偏見が続いた。

孤児の多くは過去を隠し、1人で生きていくしかなかった。

「戦争が終わってから本当の闘いが始まった」という孤児たち。

当事者の証言をもとに、知られざる「駅の子」の実像に迫る。

引用元:NHKスペシャル

 

駅の子の闘い 語り始めた戦争孤児 動画

NHKスペシャル「“駅の子”の闘い~語り始めた戦争孤児~」20180812

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ