被曝の森2018 見えてきた“汚染循環” NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

被曝の森2018 見えてきた“汚染循環” は東京電力福島第一原子力発電所の事故によって放射性物質で汚染された区域はこの先どうなっていくのか?2016年3月に放送した「被曝の森~原発事故5年目の記録~」では、急速に家々を覆っていく植物や、昼間から住宅地に出現するイノシシなど、無人の町が野生に侵食されつつある衝撃の実態を明らかにした。

被曝の森2018 見えてきた“汚染循環”  NHKスペシャル

被曝の森2018 見えてきた“汚染循環” 番組内容

 

放射性物質の生物影響に関する様々な研究報告も伝え、低線量被曝の謎に迫った。今回の番組はその続編。

去年の春、被災地は新たな局面を迎えた。

国による計画除染が終わり、広い範囲で一斉に避難指示が解除された一方で、山間部を中心に「帰還困難区域」として取り残される地域が生まれたのだ。

その面積は340km2(東京23区の約半分)。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

「帰還困難区域」で、放射性物質はどのような影響をもたらしているのか?

対象となる住民は2万4千人に及ぶ。そうした「帰還困難区域」で、放射性物質はどのような影響をもたらしているのか?

科学者による研究は、より深く、より多角化している。これまで調査されてこなかった高線量の森に踏み込み、生態系の中で放射性物質がどのように移動・残留しているのか、解明が進んでいる。科学者たちの挑戦や住民の思いを追いながら、その実態を記録する。

引用元:NHKスペシャル

被曝の森2018 見えてきた“汚染循環” 動画

dailymotion

動画内容・NHKスペシャル「被曝(ばく)の森2018〜見えてきた“汚染循環”〜」20180307 2018年3月7日(水) 午後10時25分~11時15分

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ