祇園 女たちの物語 ~お茶屋・8代目女将(おかみ)~

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

祇園 女たちの物語  お茶屋・8代目女将(おかみ)

祇園 女たちの物語  お茶屋・8代目女将(おかみ)

祇園 女たちの物語  お茶屋・8代目女将(おかみ)番組内容

 

江戸時代から続く、日本最大の花街、京都・祇園。わずか1キロ四方に狭い路地に、60軒あまりのお茶屋が軒を連ね、百人を超える芸舞妓が暮らしている。

60軒あまりのお茶屋が軒を連ね、百人を超える芸舞妓が暮らしている。

日が暮れると、お座敷と呼ばれる宴会が開かれ、お茶屋に芸舞妓が吸い込まれていく。

一見さんお断り。

その敷居をまたぐことができるのは、ひと握りの人々である。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

ここで、200年間続くお茶屋を守ってきた女性がいる。

8代目の女将・太田紀美さん、77歳である。

最高のもてなしを求め、やってくる国内外のお客ひとりひとりの好みを頭に入れ、芸舞妓の手配から食事、お座敷の一切を取り仕切り、効率を度外視した「情」で客に尽くす。

太田さんのお茶屋には代々続く、家訓がある。「当主は女。結婚しないこと」。

そのしきたりは、祇園で働く女性にも同じである。

結婚する時はすなわち、街を出る時である。太田さんは、そのしきたりを守り、200年の老舗を守り抜いてきた。

桜が咲き、街が最もにぎわう美しい季節に、祇園で生きることを選んだ女性たちの切なく、誇り高い物語を描く。

(引用元:NHKスペシャル

 

祇園 女たちの物語  お茶屋・8代目女将(おかみ)動画

dailymotion

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ