命をめぐる決断 災害多発時代 神戸からの問いかけ NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

命をめぐる決断 災害多発時代 神戸からの問いかけは、必ず来る次の大災害の前に、様々な「現場」の模索を通して、いまできる備えと行動のヒントを探る。

命をめぐる決断 災害多発時代 神戸からの問いかけ NHKスペシャル

命をめぐる決断 災害多発時代 神戸からの問いかけ 番組内容

大地震に見舞われたとき、ひとりでも多くの命を救うためにどうすればよいのか…。

6月に起きた大阪北部地震では、119番通報したにもかかわらず、「自力で対応するよう」求められる人が相次いだ。

いま消防の現場で、救命活動の「優先順位」をつける、トリアージ(選別)の動きが広がっている。

それは24年前に起きた、阪神・淡路大震災の体験から導き出された教訓だった。

発災直後、救助要請が殺到。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

それは24年前に起きた、阪神・淡路大震災の体験から導き出された教訓だった。

「消火なのか救助なのか」「どの現場を優先するのか」。

当時の活動記録や証言から、消防隊員たちは迷いを抱えながら活動していたことが分かってきた。「もっと救えた命があったのではないか」。

神戸市は、「救助より消火を優先」し、「多くの命を救える現場を優先」することを決めた。その動きは全国に広がり、先の大阪北部地震でも実践されたのだ。

しかし、優先順位を瞬時に判断するのは、容易ではない。

消防が出動しない現場では、市民が救助に当たらなければならず、私たち自身も“命をめぐる決断”を迫られることになる。

引用元:NHKスペシャル

命をめぐる決断 災害多発時代 神戸からの問いかけ 動画

NHKスペシャル 「命をめぐる決断~災害多発時代 神戸からの問いかけ~」

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ