全貌 二・二六事件 最高機密文書で迫る NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

全貌 二・二六事件 最高機密文書で迫るは、二・二六事件後、軍国主義を強め戦争に突入していった日本。首都東京を大混乱に陥れ、国家の運命を分ける転換点となった歴史的事件の全容に迫る。

全貌 二・二六事件 最高機密文書で迫る NHKスペシャル

全貌 二・二六事件 最高機密文書で迫る 番組内容

 

私たちが知っていたのは、“真相”の一断面に過ぎなかった―。

今回NHKは、あの歴史的事件の一部始終を記録した「極秘文書」を発掘した。

1936年2月26日、首都・東京の中枢で首相や大臣が襲撃された、近代日本最大の軍事クーデター「二・二六事件」。

これまで、事件に関する主な公的記録は、完全非公開で“暗黒裁判”と言われた陸軍の軍事裁判資料とされ、事件をリアルタイムで記録した1次資料はなく、多くが謎とされてきた。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

事件から83年がたった今、見つかった「極秘文書」によって、青年将校たちの反乱と、その鎮圧にいたる「4日間」の詳細が明らかとなったのだ。
事件から83年がたった今、見つかった「極秘文書」

文書を密かに記録していたのは海軍。事件発生直後から現場に解き放った「調査部隊」や、密かに設置された「見張所」からまさに分単位で緊迫の状況を記録していた。

陸軍の幹部が事件の裏で行っていた知られざる会談や、海軍が、反乱を超えた大規模な内戦まで想定して備えていたことなど、文書に残されていた「新事実」の数々に、解析に当たった専門家も息を呑んだ。

 

引用元: NHKスペシャル

 

全貌 二・二六事件 最高機密文書で迫る 動画

再放送 NHKスペシャル 2019年8月15日「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ