モネ 睡蓮(すいれん) よみがえる“奇跡の一枚” NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

モネ 睡蓮(すいれん) よみがえる“奇跡の一枚” は、細やかな修復と復元調査、そして人工知能を結集し“総力戦”で挑んだ「睡蓮」復元プロジェクトに密着。果たして“奇跡の一枚”はよみがえるのか…。修復とデジタル復元の過程からモネの「芸術の神髄」に迫る。

モネ 睡蓮(すいれん) よみがえる“奇跡の一枚” NHKスペシャル

 

モネ 睡蓮(すいれん) よみがえる“奇跡の一枚” 番組内容

 

100年前、印象派を代表するフランス人画家、クロード・モネが描いた、幅4m高さ2mの巨大な「睡蓮」の絵。

専門家が「モネの画家人生の集大成」と評価するこの絵は、今、上半分が完全に欠落している。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

「モネの画家人生の集大成」

戦前に実業家松方幸次郎がモネ本人から購入したものだが、戦火を逃れた疎開先で厳しい環境に置かれたため、湿気などにより損傷したものと考えられる。

この“失われた名画”の大規模な修復と科学調査が日本の国立西洋美術館の主導でスタートした。

わずかな絵の具の破片からも、モネが用いた技術や材料が明らかになる。

また“在りし日の絵を写した白黒写真”を手掛かりに、デジタル画像による推定復元が進められた。「人間」による推定と「人工知能」による推定によって、ともに創り上げていく。

しかし、作業は困難を極めた。モネが駆使した様々な技巧を白黒写真からどこまで読み取れるか。

引用元:NHKスペシャル

 

モネ 睡蓮(すいれん) よみがえる“奇跡の一枚”動画

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ