ドラマ 東京裁判 NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ドラマ 東京裁判

ドラマ 東京裁判 NHKスペシャル

ドラマ 東京裁判 番組内容

 

70年前の東京で、11人の判事たちが「戦争は犯罪なのか」という根源的な問いに真剣な議論で取り組んだ東京裁判。

11人の判事たちが「戦争は犯罪なのか」

NHKは世界各地の公文書館や関係者に取材を行い、判事たちの公的、私的両面にわたる文書や手記、証言を入手した。

浮かび上がるのは、彼ら一人一人が出身国の威信と歴史文化を背負いつつ、仲間である判事たちとの激しいあつれきを経てようやく判決へ達したという、裁判の舞台裏の姿だった。

11か国から集まった多彩な背景を持つ判事たちの多角的な視点で「東京裁判」を描く。

人は戦争を裁くことができるか、という厳しい問いに向き合った男たちが繰り広げる、緊迫感あふれるヒューマンドラマ。

 

出演:

ジョナサン・ハイド(豪・ウエッブ裁判長役)、ポール・フリーマン(英・パトリック判事)、マルセル・ヘンセマ(蘭・レーリンク判事)、イルファン・カーン(印・パル判事)、マイケル・アイアンサイド(加・マッカーサー)、塚本晋也(日・竹山道雄) ほか

 

【ドラマあらすじ】

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

1946年の春。東京の帝国ホテルに戦勝国11か国の判事たちが集まった。日本の戦争指導者を裁く「東京裁判」を開くためだ。裁判の焦点になったのは、ナチスを裁くニュルンベルク裁判と同時に新しく制定された「平和に対する罪」。それまで国際法では合法とされていた「戦争」そのものを史上初めて犯罪とみなし、国家の指導者個人の責任を問う新しい罪の概念であった。この「平和に対する罪」を弁護側は事後法として否定する。判事室では各々の判事の意見が鋭く対立、最初は短期間で決着がつくと思われた裁判は、混迷と長期化の様相を見せてゆく。

裁判の舞台裏の攻防に、日本滞在中の判事たちの私的な行動や、周辺に現われる人物の思惑が混じり合う。1948年の秋、ついに11人の判事たちは2年半に及んだ東京裁判の結論となる判決を出すべく、最後の評議の場に臨むのだった。被告たちの生と死が分かれる瞬間。それは、「人は戦争を裁けるか」という、人類の根源的な問いに答えが出されるときでもあった。

(引用元:NHKスペシャル

第1話 初回放送:2016年12月12日(月) 午後10時25分~11時25分

第2話 初回放送:2016年12月13日(火) 午後10時25分~11時20分

ドラマ 東京裁判 エピソードリスト

第1話

youtube】【pandora.tv】【dailymotion

ドラマ 東京裁判 NHKスペシャル

第2話

youtube

 

第3話

 

第4話

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ