シリーズ 子どもの“声なき声” 第1回 いじめと探偵 ~行き場を失った“助けて”~NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

シリーズ 子どもの“声なき声” は、全国でも例のない“いじめ探偵”に密着し、どこにも届かない子どもたちの“助けて”を見つめていく。

シリーズ 子どもの“声なき声” 第1回 いじめと探偵 ~行き場を失った“助けて”~

シリーズ 子どもの“声なき声” 番組内容

教室では口にすることのできない子どもたちの本音、“声なき声”に耳を傾ける2本シリーズ。

第1回は、東京にある、その“探偵事務所”は、もともと浮気や企業の内偵調査を行っていたが、15年ほど前から、いじめの調査依頼が増え始め、今では専門のNPO法人を立ち上げるまでになった。

学校や教育委員会に相談しても解決せず、行き場を失った子どもや親たちから、これまで実に6000件以上の相談が集まっているという。

調査は実践的で、SNSの監視から、尾行・張り込み、情報公開請求など、あらゆる手段を駆使していじめの実態を探り、ケースごとに解決策を模索する。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

探偵の調査から見えてくるのは、現代のいじめがいかに巧妙化し、見えにくくなっているか。そして、その異変に対応できなくなっている教育現場の姿だ。

引用元:NHKスペシャル

シリーズ 子どもの“声なき声” エピソードリスト

第1回 いじめと探偵 ~行き場を失った“助けて”~

認知件数が41万件と過去最多となった「いじめ」(全国の小中高など・2017年度)について考える。
様々な対策にもかかわらず、未だ事態を打開できない中、いじめの実態調査の依頼が全国から殺到する場所がある。

第2回 “不登校” 44万人の衝撃

dailymotion】第2回は増え続ける「不登校」について生放送で考える。去年、教育の現場で新たな課題が表面化し、関係者に衝撃を与えた。「登校しても教室に入れない」「教室で苦痛に耐えているだけ」という、“隠れ不登校”ともいえる中学生が推計で約33万人もいることが明らかになったのだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ