アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

アウラ 未知のイゾラド 最後のひとりは、滅び行くイゾラドを2002年から取材を開始し、最後のひとりとなった今に至るまで、16年にわたって追った記録。 芥川賞作家でミュージシャンの町田康さんが初めてドキュメンタリーのナレーションに挑戦する。

アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり

アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり 番組内容

 

アマゾンの奥深くに暮らす、文明社会と接触したことのない未知の先住民=イゾラド。

中でも「アウラ」と名付けられた、その男の存在は特別だった。

30年前、深い森から忽然と現れた素っ裸の二人の男。

ブラジル政府は一人をアウレ、もう一人をアウラと名付けて保護した。

政府が最も驚いたのは、二人が話す“言葉”だ。どの先住民とも異なる未知の言語で、理解できる者はブラジル中探しても誰もいなかった。

政府の命を受けた言語学者ノルバウ・オリベイラは、周りにあるものを一つ一つ指さしながら二人の言葉を調査し、30年かけて800の単語の意味を探り当てた。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

文明社会と接触したことのない未知の先住民=イゾラド。

やがてアウレは死亡。

最後の一人となったアウラの調査を続けたノルバウは、彼が部族に起きたことを連想させる「死」について、繰り返し語っていることに気付いていく。

アウラは何者なのか。なぜたった二人になったのか。

森の奥で未知の部族に何があったのか―。現在、アウラの推定年齢は55~65歳。

遠からぬうちに一つの民族が姿を消すことになる。

引用元:NHKスペシャル

 

アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり 動画

再放送:NHKスペシャル2018年12月16日「アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり」【youtube】【dailymotion

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ