シリコンバレー狂騒曲

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

シリコンバレー狂騒曲は、誰もがよく知るテクノロジーの台頭、衰退、そして復活を経験した人物たちに焦点を当て、これまで一度も語られたことのないテクノロジー革命の真実を、ハリウッドの製作陣が手掛けた脚本と演出によるドラマ部分と、本人が語るインタビュー部分を組み合わせ明らかにする。

シリコンバレー狂騒曲

シリコンバレー狂騒曲 番組内容

インターネットバブルを通して、爆発的に形勢を変えていったシリコンバレーの出来事を描く。

インターネットの普及を背景に、1990年代末のコンピュータネットワーク上、電子的な情報通信によって商品やサービスを売買したり分配するeコマースの現実化。

それを機に米国の多くの会社がインターネット関連投資に走り、これらのサービスを提供するIT関連企業に注目が集まりバブルが発生した。

製作総指揮を務めたのは、一般ユーザーと専門家をつなぐコミュニティー型サイト、ハフィントンポスト(現ハフポスト)の創設者であるアリアナ・ハフィントン。

編集長として、同メディアがピュリツァー賞を受賞するまで成長させた。

 

インターネットバブルが起きた当時の様子を描くドラマパートと、当時実際にシリコンバレーで働いていた人々のインタビュー(ドキュメンタリー)が融合して番組は進んでいく。

ドラマパートは当時のファッションなどを完全再現。またラップミュージックやミュージカル調の演出なども見応えがある。

原題:Valley of The Boom

     

引用元:シリコンバレー狂騒曲

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

シリコンバレー狂騒曲 エピソードリスト

「 第一話「インターネット時代の幕開け」(原題:Print ("Hello, World")) 」

株式公開を成功させるため、ネットスケープの創始者マーク・アンドリーセン、ジェームズ・バークスデイル、ジム・クラークたち3人は各投資会社をまわり、投資アナリストたちにインターネットの展望を説明する。

nicovideo

「 第二話「擬似コード」(原題:Pseudocode) 」

株式公開に成功し資金を得たおかげで、ネットスケープはブラウザー市場を支配することになった。だがそのせいでマイクロソフトに目を付けられ、ブラウザー戦争が勃発。

nicovideo

「 第三話「アジャイル手法」(原題:Agile Method) 」

ブラウザー戦争が本格化し、マイクロソフトはまるでギャングのようにネットスケープを攻撃し始める。

nicovideo

「 第四話「優先順位の逆転」(原題:Priority Inversion) 」

ブラウザー戦争で、マイクロソフトは今後発売されるWindowsパソコンすべてにインターネット・エクスプローラーをバンドルさせるという最後の一撃をネットスケープに食らわせる。ステファンとトッドは会社を維持するため、新規株式公開の準備に奔走する。

nicovideo

「 第五話「セグメンテーション違反」(原題:Segfault) 」

倒産の危機が迫る中、ネットスケープは思い切った方法を取り、業界の最前線の革新者としての立場を立て直そうとする。ステファンとトッドはtheglobe.comがバーチャル・コミュニティーの事業に集中できるように奮闘する。

nicovideo

「 第六話「強制終了」(原題:Fatal Error) 」

マーク・アンドリーセンはAOLに移って仕事を続け、ジェームズ・バークスデイルはマイクロソフトとの独禁法違反を争う訴訟を続ける。

nicovideo

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ