東京2020 レガシー 未来に何を残すのか NHKスペシャル

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

東京2020 レガシー 未来に何を残すのかは、リオ五輪・パラリンピックの後を受け、4年後の開催される東京五輪・パラリンピック。前回の1964年とは社会状況が大きく異なる中、どんな五輪にしたらいいのか、そして五輪開催によってどんなレガシー(遺産)を社会に残したらいいのか模索する。

東京2020 レガシー 未来に何を残すのか NHKスペシャル

 

東京2020 レガシー 未来に何を残すのか 番組内容

 

リオ五輪・パラリンピックの後を受け、4年後の開催に向けていよいよカウントダウンが始まった東京五輪・パラリンピック。

前回の1964年とは社会状況が大きく異なる中、どんな五輪にしたらいいのか、そして五輪開催によってどんなレガシー(遺産)を社会に残したらいいのか。

大越健介キャスターが2004年の開催地のアテネ、2012年のロンドン、そしてリオを取材した。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

そのヒントを探ろうと、大越健介キャスターが2004年の開催地のアテネ、2012年のロンドン、そしてリオを取材した。

公共インフラを整備し、「近代化」を目指したアテネ。

貧しかった東部地区を開発し、若い世代に大きな影響を与えることに力を入れたロンドン。

そして、貧困問題の解消につなげようとしたリオ。

いずれの開催地とも、五輪を契機に社会問題や都市問題の解決につなげようと様々な施策を打ち出して、「レガシー」を残そうとしてきた。

それらの成否を検証すると、うまくいったこと・いかなかったこととその理由が見えてきて、4年後の東京を考える貴重な示唆を得ることができた。

各界の識者からの提言も交えながら、東京五輪・パラリンピックによって未来に何を残したらいいのか、考える。

(引用元:NHKスペシャル

 

初回放送:2016年10月10日(月)  午後10時00分~10時49分

 

東京2020 レガシー 未来に何を残すのか ネタバレ

youtube】【dailymotion

東京2020 レガシー 未来に何を残すのか 20161010

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ