大廃業時代 〜会社を看取(みと)るおくりびと〜

【PR】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

大廃業時代 会社を看取るおくりびとは、“おくりびと”がリスクの高い企業を無用に延命するのではなく、取引先や従業員、そして地域経済にも大きなダメージを与えない「いい廃業」へと導く過程を密着ルポで描き出す。

大廃業時代 〜会社を看取(みと)るおくりびと〜

大廃業時代 会社を看取るおくりびと 番組内容

企業の廃業件数はこの5年で20万件、大廃業時代を迎えている。

経営者の8割以上が、周囲の誰にも相談できず、孤立したまま廃業に追い込まれているため、専門家は「企業の孤独死」と呼び警鐘を鳴らしている。

取引先企業や地元の金融機関に大きな損害を与え、地域経済の生態系を崩壊させかねない「リスクある廃業」が広がっているのだ。

そうした事態を未然に防ごうと、弁護士や経営コンサルタントなどの専門職が廃業に寄り添う活動に乗り出し、通称「企業のおくりびと」として動き始めている。

【PR】Amazonビデオ ドキュメンタリー ランキング

「企業の孤独死」
大廃業時代の背景には、リーマンショック後、借入金の返済を猶予する政策やマイナス金利など超低金利政策などで、利益がほとんどなくても“生き延びる”企業が数十万社にも上ったことがある。

さらに、帝国データバンクと共同で、全国140万社の「廃業予測データベース」を解析。専門家の分析も交えながら、地域経済を循環・再生するヒントも探り出す。

引用元: NHKスペシャル

 

大廃業時代 会社を看取るおくりびと 動画

再放送:「大廃業時代~会社を看取(みと)るおくりびと~」 2019年10月6日(日)放送

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ